当院について

病院概要

院長あいさつ

メンタルホスピタル鹿児島 院長

メンタルホスピタル鹿児島 院長の佐藤大輔です。

川辺の児玉病院(現 こだま病院)で7年間院長として勤務、患者さんの社会復帰・参加について、また患者さん中心の医療について多くのことを学ばせて頂いた後、平成24年より横山病院(現メンタルホスピタル鹿児島)に勤務、院長として現在に至っています。

当院は、鹿児島県では民間精神科病院としては最も古く、昭和5年「鹿児島脳病院」として開設されて以来、これまで86年の長きにわたり、「人間尊重」を掲げ精神科医療を行ってまいりました。様々な紆余曲桁を経て平成26年4月に現在の公益社団法人となっています。また平成27年9月に新館(急性期病棟48床、認知症治療病棟50床)が稼働し、新たにスタートを切りました。しかし超高齢化社会となり、社会保障制度が根幹から揺らぐ大変厳しい社会情勢の中で、どうやって医療機関として生き残っていくのか。先が見通せない時代になり、経営の見直しも迫られています。
日々努力するのは勿論ですが、理念に基づく方向性を見誤らないようにしなければなりません。

精神障害者の地域移行や、高齢精神障害者の増加、中でも認知症問題、減らない自死者数など、精神科医療は今なお多くの問題を抱えています。
この様々な問題を、少しでも解決できるよう、全職員協力し努力していく所存です。また、今後は「物忘れ外来」や認知行動療法を用いた「復職支援・職場復帰プログラム(リワークプログラム)」などをはじめとして専門外来を充実させていく予定です。どうか、これからも、当法人へのご指導ご協力ご支援をよろしくお願い致します。

メンタルホスピタル鹿児島 院長 佐藤大輔

理念・方針

1.医療理念

  1. 地域で必要とされる医療機関を目指し、良質な医療を提供します
  2. 患者さんを中心としたチーム医療をおこないます
  3. 全職員は最良(最善)の医療を提供するために常に自己研鑽します

2.基本方針(公益目的事業)

1.精神障害者に対して、救急・急性期診療をはじめとする医療を提供するとともに、リハビリテーションの実施をはじめとする各種社会復帰のための支援を行うことで、公衆衛生の向上を図る事業

2.生活困難者に対して、無料または低額な診療を提供することで、公衆衛生の向上を図る事業

3.地域住民を対象とした予防措置や治療方法等の普及・啓発の実施、各種相談への対応を行うことで、精神科医療への理解促進と地域の福祉向上を図る事業

4.精神科医療の担い手確保を視野においた医療従事者の養成及び再教育を図る事業

3.患者さんの権利と責務

  1. 良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
  3. 病気、検査、治療、見通しなどについて、納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。
  4. 十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選択する権利があります。
  5. 自分の診療記録の開示を求める権利があります。
  6. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされない権利があります。
  7. 良質な医療を実現するためには、医師をはじめとする医療提供者に対し、患者さん自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。
  8. 納得できる医療を受けるために、医療に関する説明を受けてもよく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問する責務があります。
  9. 全ての患者さんが適切な医療を受けられるようにするため、患者さんには、ほかの患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。

病院概要

病院名 メンタルホスピタル鹿児島
所在地 〒890-0023  鹿児島市永吉1丁目11-1  ( GoogleMapで見る )

■バス(鹿児島市営バス・南国交通):中草牟田下車、徒歩6分

■鹿児島交通:鹿児島アリーナ前バス停(西原商会アリーナ前)下車すぐ

   東口(東17):鹿児島交通 12番線 天保山線

   西口(西1) :鹿児島交通 10番線 紫原・武町線

■JR鹿児島中央駅 西口よりタクシーで約10分

連絡先 TEL.099-256-4567  FAX.099-258-0321
管理者 院長 佐藤 大輔
診療科 精神科・心療内科・神経内科・内科
病床数
  • 精神科急性期治療病棟:48床
  • 認知症治療病棟:50床
  • 精神科一般病棟(15:1):352床     ※令和2年1月現在
主な施設基準
  • 入院時食事療法/生活療養(1)
  • 精神科急性期治療病棟入院料1
  • 認知症治療病棟入院料1
  • 精神病棟入院基本料 15:1
  • 看護配置加算
  • 看護補助加算
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 患者サポート体制充実加算
  • 精神科応急入院施設管理加算
  • 精神科急性期医師配置加算(加算2のロ)
  • 医師事務作業補助体制加算1
  • 精神科作業療法
  • 薬剤管理指導料
  • 医療保護入院等診療料
  • 精神科ショート・ケア(大規模)
  • 精神科デイ・ケア(大規模)
  • 精神科ナイト・ケア
  • 精神科デイ・ナイト・ケア(大規模)
  • 後発医薬品使用体制加算3
  • 抗精神病特定薬剤治療指導管理料
    (治療抵抗性統合失調症治療指導管理料に限る)
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 精神科地域移行実施加算
  • 精神科退院時共同指導料1及び2
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 診療録管理体制加算2

※ 当院は協力型臨床研修病院となっており、研修医の受け入れを行っています。

医師や看護師の多様な働き方支援・負担軽減のための当院の取り組み

勤務医の負担軽減及び処遇の改善に資する計画(2023年度)

看護職員等の負担軽減及び処遇の改善に資する計画(2023年度)